妊婦さんの歯科治療の基礎知識

>

気を付けたいこと

口腔ケアのポイント

妊娠する前にはまめに歯磨きしていても、妊娠後ホルモンバランスから生活習慣が変わってしまい歯のお手入れがいい加減になってしまいます。
つわりもつらいですし、においにも敏感になってしまい歯磨きがおろそかになってしまいます。
しかし歯肉炎や虫歯ができやすい状態で赤ちゃんにも影響がでてしまいます。
口の中が不潔になると歯周炎が悪化しますので頑張ってお手入れをしましょう。
寝ている間にお口の細菌は繁殖しますので、体調のいい時には、朝起きてすぐに歯磨きをしましょう。
妊娠中は唾液も少なくなり口臭も気になります。
ヘッドの小さな柔らかめの歯ブラシを使って前かがみになり前に掻き出すように動かします。
香りの強い歯磨き剤はさけましょう。
つわりの時に歯を磨くのは、つらいですよね。
そういった時には、フッ素入りのマウスウォッシュ、洗口剤でうがいをして洗浄して消毒するだけでも大丈夫です。

食生活を見直す

虫歯や歯周病の原因となるので口の中に残った食べ物の糖分です。
お菓子や間食を控えるのも予防です。
食事も繊維質の硬いものの方が歯につきにくいので、虫歯になりにくくなります。
だらだらと時間をかけないで、なるべく食後に歯磨き、うがいをするようにしましょう。
妊娠7週目になると赤ちゃんに歯胚という歯の芽ができはじめ、その後少しずつ成長し乳歯のもとになります。
乳歯の形成は、お母さんの食生活が影響します。
またビタミンA・B・C・D不足になりがちです。
ビタミンBは不足すると歯周炎が悪化してしまいます。
妊娠中には、しっかりカルシウムをとり、偏食は避けてタンパク質、鉄分、ビタミンなどバランスのよい食事を心がけましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ