妊婦さんの歯科治療の基礎知識

>

妊娠中でも歯科治療は可能

妊娠中に起こりやすいトラブル

妊娠性歯肉炎は、妊娠初期に多い疾患で、歯茎からの出血や腫れが起こってしまいます。
妊娠中はホルモンバランスが変化する時期。ホルモンバランスの変化によって起こる妊娠性歯肉炎あまり痛みがありませんが、進行しやすいので、気になったら検査に行きましょう。
妊娠性エプーリスも、女性ホルモンの増加が原因で歯茎が膨らんでしまいます。
ほとんどは良性で出産後自然と消えるケースが多いようです。
ホルモンバランスで唾液が少なくなり食事の回数も増えて、食べ物が口に残りやすくなります。
つわりで嘔吐すると胃酸が逆流したり、酸っぱいものを食べたくなるので、口の中は酸性になってしまい、歯が溶けやすい環境になってしまいます。
また、つわりがひどくなると口を開けていることが苦痛になり歯磨きがおろそかになってしまいます。
普段より虫歯や歯周病になりやすい環境にあります。

歯周病と早産

歯周病が進行すると早産や低体重児のリスクが高くなるといわれています。
歯周病の炎症物質が血液中に入ると子宮が収縮させ早産を促す可能性があります。
喫煙での確率が2~4倍と言われていますが、歯周病が進むと5~7倍になるというデータがあげられています。
また、赤ちゃんは、無菌状態で虫歯菌は持っていません。
お母さんは赤ちゃんにとって最も身近で長時間接しています。
虫歯があると、スキンシップや食べ物をふーふー冷ますときの唾液からも感染してしまうため虫歯菌が写ってしまいます。
出産後は、赤ちゃんに付きっきりの状態で歯科医院に通う時間もないかもしれません。
しかし、妊娠中には歯周病や虫歯を悪化しやすくなります。
そのためにも妊娠前から定期検診を受けて予防しておくことがとても重要です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ